水と暮らしのお役立ち情報

ウォーターサーバーは便利?不便?6つのポイントを紹介

2021.11.30

  • SHARE
  • ツイッター
  • フェイスブック

「ウォーターサーバーを導入したら、どう便利になるんだろう?」
また、「不便なことはないの?」と不安に思われている方がいらっしゃると思います。

この記事では、ウォーターサーバーを導入すれば備蓄水として使えるなど「便利に感じる部分」と、ランニングコストがかかるなど「不便に思う部分」についてまとめました。
また、どのメーカーのウォーターサーバーを使えばいいのか迷っている方には、おすすめの商品をご紹介します。
ウォーターサーバーだけでなく、機能や水について悩んでいらっしゃる方は、ぜひ参考にしてください。

ウォーターサーバーが便利だと感じる6つのポイント

ウォーターサーバーが「便利」だと感じるポイントは、「いつでも冷水・温水が飲めるところ」や「料理に使える」など、さまざまです。
ここでは、便利に感じるポイントについて6つご紹介しますので、詳しく見ていきましょう。

①いつでも冷水・温水が飲めて便利

ウォーターサーバーは、「冷水」や「温水」がいつでも出ます。
すぐに「冷水」が出るため、暑い夏はわざわざ水を冷やしておく必要がなく、「温水」も出るため、冬にはやかんや電気ポットでお湯を沸かす必要もありません。
白湯や温かいお茶・コーヒーを一日に何杯も飲む方は、ウォーターサーバーがあればお湯を沸かす必要がなく、便利です。

②料理に使えるので便利


ウォーターサーバーの水は飲むだけではなく、料理にも使えます。
軟水の場合では、スープやみそ汁などのシンプルな料理に使うと、より一層味が引き立ちます。
また、米との相性も抜群で、米を研ぐ水と炊飯前に吸わせる水を軟水にすると、さらに美味しくなるためおすすめです。

③健康のために水を飲むようになる

ウォーターサーバーを導入してから、「健康のために水を飲むようになった」との声も聞きます。
また導入することで、いつでも美味しい水が飲めるため、意識的に飲むようになります。

なお、厚生労働省の「『健康のため水を飲もう』推進運動」のWebサイトでは、健康や美容のためにこまめに水を飲む重要性が書かれているため、お時間がある方は参考にしてください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/index.html

④赤ちゃんのミルクに使えて便利

水道水で赤ちゃんのミルクを作るためには、「一度お湯を沸かしてから冷ます」といった手間がかかります。
また、水道水はカルキ臭などの独特な臭いや衛生面から、「安心して飲ませることができない」と考える方も多いでしょう。

ウォーターサーバーの水を提供しているメーカーは徹底した品質管理を行っており、独特な臭いもないため、安心して使うことができます。また、ウォーターサーバーからは80℃以上のお湯が出るため、沸かす必要もなく、ミルクを作る時間も短縮できます。

⑤備蓄水で万が一のときにも助かる

ウォーターサーバーの水の賞味期限は、商品によって異なりますが、未開封で6か月程度あるものもあります。
多めに注文しストックしておけば、たとえ断水が起きたとしても水で困ることはありません。
農林水産省でも「ローリングストック」を推奨しており、水を多めに注文し古い順に使っていくことで、災害時の備蓄水にもなります。

⑥オシャレなインテリアにもなる

ウォーターサーバーは利便性だけでなく、デザインや色も多くの選択肢があります。
そのため、部屋のインテリアに合わせて選べます。
自分好みのデザインを重視し、楽しくウォーターサーバーを使うことができます。

ウォーターサーバーが不便だと感じること

ウォーターサーバーを「便利」と感じる点について、ご紹介しました。
ただ中には、ランニングコストがかかったり置き場所に困ったりして、「不便」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、ウォーターサーバーを導入して「不便」と感じることや、その解消法について詳しくご紹介します。

ランニングコストがかかる

ウォーターサーバーを導入すると、水の代金や電気代など、毎月のランニングコストがかかります。
どれくらいかかるのかは「家族の人数」や「飲む量」によって変わるため、一概には言えませんが、たくさん水を飲むご家庭では少し高くなるかもしれません。

エコモード搭載で電気代を抑えられる

飲み水のランニングコストを抑えるのは難しいですが、「エコモード」を搭載したウォーターサーバーを導入することで、電気代を抑えられます。
なお、「リセットタイム」はECOモードを搭載しているため、電気代のランニングコストを抑えたい方におすすめです。

ボトルを置く場所がない

ウォーターサーバーを導入するには、「本体」と「ストックする水ボトル」を置くスペースが必要です。
電源も必要なため、どこにでも置けるわけではありません。
中には、ウォーターサーバーの設置はできるけど水を置けるスペースがないため、諦めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

配送周期や数量はいつでも変更可能

水をストックするスペースがない方は、「リセットタイム」であれば簡単な手続きで、「ボトルの量」や「配送の周期」を変えたり、「ボトルの追加購入」ができたりします。
そのため、「ストックが多くなってきた」と思ったら配送を遅らせ、逆に「ストックが少なくなってきた」と感じたら配送してもらうなど、柔軟な対応ができます。

詳細につきましては、パソコンやタブレットで下記webサイトをご確認ください。
https://resettimes.com/

お手入れ道具をそろえるのが面倒

ウォーターサーバーを導入したら、定期的なお手入れが必要です。
清潔に保つことが安心・安全な水を飲む条件になるため、給水部分などを掃除しておくことが大事です。
週に一度行うのが理想ですが、家事や子育てで忙しい場合などは2週間に一度、もしくは1か月に一度でも問題ありません。

清潔な布巾など家にあるものでOK

「ウォーターサーバーのお手入れには、特別な道具が必要なのでは?」と思われるかもしれませんが、ご自宅にあるものでOKです。
例えば、差込口部分はボトルの交換時にアルコール消毒をして綺麗な布巾で拭いたり、水受け皿は取り外して洗えたりするなど、特別な道具は必要ありません。
そのため、ボトル交換時などの「ついで」に行うことが可能です。

3. ウォーターサーバーはやっぱり便利!

ウォーターサーバーの「便利な点」や「不便な点」についてご紹介しましたが、「結局ウォーターサーバーを導入した方が便利なの?不便なの?」と、疑問に思われるかもしれません。
結論から言えば、ウォーターサーバーはやはり便利です。
確かに、電気代がかかったり、ボトルの水の置き場所に困ったりすることもあるかもしれません。
そもそも、「ウォーターサーバーを置こう」と思ったきっかけは、「美味しい水をいつでも飲みたい」「お湯を沸かさなくてもよい」利便性があるからではないでしょうか。

この他にも、「赤ちゃんや小さな子どもに安全な水を飲ませられる」「重たい水を買いに行かなくてもよい」など、ウォーターサーバーを導入すれば多くのメリットを得られます。

もし、ウォーターサーバーの導入に悩まれている方は、「どうして設置しようと思ったのか?」「何がネックなのか?」を考えて、どちらを優先するか考えてみるとよいかもしれません。

おすすめのウォーターサーバーは「リセットタイム」

「ウォーターサーバーの便利性」について理解し、導入したいけれど、どのメーカーの商品がよいのか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんなときは、リセットタイム」がおすすめです。

その理由として、以下が挙げられます。
出典元: https://resettimes.com/

  1. 硝酸態窒素ゼロ
  2. 自分のタイミングで水の購入ができる
  3. 2年に一度、無料メンテナンスの実施

放射能などの物質が入っておらず、赤ちゃんのミルクや小さなお子さまも、安心して飲むことができます。
また、水は定期購入もありますが、ご自身のタイミングで購入もできるため、買いすぎる心配もありません。

どのメーカーのウォーターサーバーを導入しようか迷っていらっしゃる方は、安心・安全な「リセットタイム」をぜひご検討ください。

まとめ

ウォーターサーバー導入の際の「便利さ」「不便さ」について、ご紹介しました。
ウォーターサーバーはランニングコストがかかりますが、「冷たい水」や「温かい飲み物」がいつでも飲めたり、備蓄水になったりと、導入すると利便性が高い製品です。
そのため、ウォーターサーバーの導入に悩んでいらっしゃる方は、ぜひ一度設置されてみてはいかがでしょうか。

もし、どこのメーカーにしようか悩んでいらっしゃる場合は、2か月に1回行う「放射能検査」にクリアした、硝酸態窒素ゼロの「リセットタイム」がおすすめです。
ウォーターサーバーだけでなく、水についてお悩みの方も、ぜひお気軽に「リセットタイム」にご相談ください。

一覧へ戻る